度胸と覚悟がまだついていない

大きな災害というのは、いつ起こるか分かりません。大きな地震やそれに伴う津波もそうですし、横浜には海岸沿いにコンビナートなんかもたくさんあるので、あまり想像したくは無いのですが、そこで未曾有の惨事が発生しないとも限らないのです。そうした突発的な惨事のときの備えは、一応個人でもやるようにしてはいるのですが、私も看護師のはしくれなので、そうした場合の自分の行動だけを考えていたのではいけません。看護師は、こうした自体のときにも院外でもしっかり働けるようにしておかなければならないのです。

赤十字などの病院では、発生した災害に応じてレベルを設定し、災害救護のための研修なんかを行っているそうです。私の病院ではそこまでのものはありませんが、一応災害救護の研修や訓練なんかもあります。特に私の病院では、災害が起こった際の院外での救護活動についての研修があります。というのも、実際に災害が発生したとき、まず最初に必要なのは院外で被災し、負傷してしまった患者さんの救護だからです。

管理職の看護スタッフは、災害に応じて救護所の設定場所や設定方法などを検討する勉強会を開いていますし、その勉強会で想定されているものに応じて看護活動が院外でもできるように、末端の看護スタッフにもしっかり教育がされているのです。重要なのは役割分担です。実際に救護しなければならない人のところへ向かうスタッフのチームと、救護所に残って救護活動を行うチーム、万が一に備えて院内に待機するチーム、入院中の患者さんの様々なケアを行うチーム。救護に向かうチームと救護所のチームには、さらにボランティアスタッフも加わることになるので、それぞれの役割分担をきっちり決めておかなければ、実際に想定する事態が発生したときに混乱してしまう可能性があります。

訓練は、参加者がそれぞれの班に分かれてグループワークを行い、例えば救護所のどのエリアにどのスタッフを配置すべきか。救護対象者が運ばれて来た場合のトリアージの基準など、さまざまなことがケースごとに演習され、そのたびに話し合いを行います。最初はみんなぎこちない動きだったのですが、何度もケースワークを行うたびに、徐々に話し合いにも熱が入ってきます。重要なのは、何と言っても安全性です。どんなに機能的にも衛生的にも良い救護所を作っても(もちろんそれも重要ですが)安全性の確保できない場所に救護所を作ってしまえば、そこで働くスタッフも運び込まれた要救護者も非常に危険な状態になってしまいます。そうしたことを学ぶためにも、こうした研修やケースワークはとても重要なのです。特に横浜は大きな街なので、いざ災害が発生した時の深刻性は計りしれません。

災害は、毎日のように世界各国で起きています。大地震の際は、休みの看護師は家族の安否を気にしつつも治療に駆けつけたと聞きました。看護師の使命とはそのようなことだと思いますが、わたしにはまだ覚悟が足りません。経験を積んでリーダーシップを発揮できるよう頑張りたい。看護師長のことばに「頑張り過ぎないことが看護師長寿の薬」があります。自分の頑張りすぎがまだわからないので、今の目標は頑張りすぎてみることだと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です