管理者はシフト組が大変なのよ

仕事は生きていくために重要なことです。仕事をすることで賃金を得て生活をしていきます。ただ、人は仕事だけをして生きているわけではありません。休日が無いと疲労で体を壊してしまいますし、精神的に病気になってしまいます。ワークタイムが長いと健康を害する危険性が増してしまいます。健康を守るためにも休日が必要なわけなのですが、休日が多すぎると賃金が減りますから生きていくのが大変になります。ワークタイムと休日のバランスというのはとても大切なのです。国も適切な労働時間を設けています。それ以上働くと過労死の危険性が出てきます。日本は世界でもワークタイムが長いです。定時の労働時間だけではなく残業が普通にあります。日本でも国がワークライフバランスについて考えるようになっています。バランスが崩れると健康を害するだけでなく、少子化などの影響もあるようです。それでもブラック企業と呼ばれるような企業があるように、残業していても残業代が出なかったり、休日もほとんど取れないような企業があるわけなのです。日本の有給休暇の取得率は先進国の中でも特に少ない部類に入ります。有給休暇は労働者に認められた大事な権利です。仕事とプライベートのバランスを保つために有給休暇は積極的に取得した方が良いのです。取得率が100%というのが理想です。国によっては100%を達成しているところもあるので、日本も有給休暇取得率100%を目指すべきです。日本人は外人から見ると働き過ぎなのです。

わたくしの職場でも、ほど毎日職員のシフト調整しているのが現状。行かないと言っていたはずの授業参観に「旦那が休めないから休みをください」と前日に言ってきたり、それも有休申請。期日変更を上司が告げられない有休申請。代わりの人員を確保するのも看護師長です。有休取得100%!それは結構ですが、前日はやめてほしい。予めわかることや防げることは数日前に告げて欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です